美容師の理想像

美容師さんって、いいな。
大学2年生の時、将来やりがいをもって「自分の努力が反映できる職業」
「人に喜びを与え、自分も成長できる職業」として、
私は美容師になることを決意しました。
皆それぞれ美容師を志した理由は、
「小さい頃、自分を可愛くして嬉しくしてくれたお姉さんに憧れた」
「手に専門性の高い職をもちたい」
「人の役に立つ仕事をしたい」など、様々だと思います。

思いだしてくだい。
あなたはどういうきっかけで美容師を目指しましたか?
そしてその時、美容師はどうあるべきだと考えていましたか?

どうか思いだして下さい。
先ほどもお話ししましたが美容師を目指した理由は
人それぞれだと思います。
しかし、「美容師はどうあるべきか?」という質問に対しては
殆どの方が同じような回答をもっていると思います。
あなたが考えている理想の美容師像は、どういった人でしょうか?
あなたが憧れた美容師の姿とは、どんな姿でしたか?

これは就職にあたって・・・いや、あなたの人生にとって
本当に大切なことだと思います。
きっと「専門知識」よりも「思いやりがある」など人間的な魅力を多く挙げられたの
ではないでしょうか?
もしそうであったら私も同じ考えですし、Oasisスタッフも同じ考えです。

技術面に関しては、私たちのサポートがあれば、
「必ず良質のものを身につけてもらうことができる」と考えています。
ですから、心に「人として成長していきたい」という気持ちさえあれば、
あなたも【魅力的で内面からキラキラと美しく輝く、美容師の理想像】
になっていけるでしょう。
今現在、精神的にしっかり出来上がっていなければいけない、
といっているわけではありません。
私達もまだまだ勉強中です。
共に成長していきましょう。